詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

テレビの話(ドラマ)

奥様は、取り扱い注意(第1話~第2話)を観た感想は・・・イメージしていたものと違う!

日本テレビ「奥様は、取り扱い注意」の、第1話~第2話を観た感想です。 知名度があり、多くのドラマファンから、その作風を知られる脚本家(金城一記)に、キャストが、綾瀬はるかと西島秀俊、そのうえ、ジャンルが「(宣伝によると)アクションありのホー…

ウチの夫は仕事ができない・第7話「このドラマの脚本家は、まともに、話の設定ができない!」

日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」の第7話を観た感想と、このドラマの脚本家の、設定の無茶苦茶さに対する、指摘です。 私が「ウチの夫は・・・」を第1話から、第7話までを観て、まず、思ったことは・・・エロスとバイオレンス、極端な不幸、極端な…

警視庁ゼロ係2「明るく楽しい、駄目ドラマ」という、新ジャンル!

テレビ東京・金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係2~生活安全課なんでも相談室~」の第4話を観た感想です。 シーズン1は、何話か観たことがありましたが、シーズン2は、この第4話が初めての視聴です。 正直、1が全く面白くなかったので、2が始まっても、…

「ウチの夫は仕事ができない」は、リアリティーがない(つまらない)という、感想です

日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」の、第1話と第2話を観た感想です。 仕事をテーマにしているドラマの割には、主人公の錦戸亮演じる、小林司の勤めているイベント会社が、とにかく、どうしようもなく、リアリティーがないという、致命的な弱点を抱え…

TBSの火10ドラマ「カンナさーん!」は、視聴率が良い割に、つまらなかったという感想です

最近、話題のドラマ枠、TBSの火曜夜10時に放送されている、「カンナさーん!」の、第1話と第2話を観ました。 視聴率的には好調で、それゆえ「今年の夏ドラマを代表する作品のひとつ」なんて、高い評価を受けているようですが、私個人の感想を、簡潔に…

釣りバカ日誌2、第6話「コメディ・モードの大地真央が、やりたい放題の大暴れ!」

テレビ東京「釣りバカ日誌2」 の第6話は、今回のゲスト・大地真央演じる、アナコンダこと、ボヌール・リゾートの三輪社長が、「暗闇で手を握り合っただけで、恋に落ちる」、しかも、その相手が、営業三課の佐々木課長という、あり得ない設定の中、常に細か…

釣りバカ日誌2、第5話「トンデモ新人と次期社長争いの話」、その感想は・・・不発感!

テレビ東京「釣りバカ日誌2」の第5話は、一流企業・芳川物流の後継者となる、社長のトンデモ息子(慎平)が、鈴木建設・営業三課に預けられ、ハマちゃんの下で修行をするという話から、ワンマン社長のスーさんの後継者は誰か(専務か、常務か)?という話…

釣りバカ日誌2、第4話「日本連ドラ史上最大のハチャメチャ演出が、視聴者の度肝を抜く!」

テレビ東京「釣りバカ日誌2」の第4話、ストーリーがどうとか、リアリティーがどうとか、ディテールがどうとか、「そんなものはどうでもいい!」と言わんばかりの、批評家泣かせの、画期的なハチャメチャ演出が終盤にあり、それは、とにかく、大変なインパ…

釣りバカ日誌2、第3話「ハマちゃん、人格者となり、みち子さんのセクシーな誘惑に打ち克つ!」

五月五日放送の「釣りバカ日誌2」第3話の、紙芝居風ダイジェストです。他のブログにあるような、正確なあらすじではありません。どうか、ご了承下さい。 日曜日、みち子さんとの映画の約束を断って、一人でイシダイ釣りへ出掛けたハマちゃんでしたが、かな…

やすらぎの郷~お昼の各番組が嫌いな老人たちの、物足りない隠れ家~

テレビ朝日「やすらぎの郷」は、シルバータイムドラマと自称しているだけあって、少なくとも、若い人たちよりは、お世辞にも若くない人たちに、支持されているようです。 ただし、比較的年齢が上の人たちの、熱烈な支持を受けているというよりは、「ひるおび…

釣りバカ日誌2~今年の春ドラマ、影のMVP級の面白さです~

テレビ東京「釣りバカ日誌・シーズン2~新米社員・浜崎伝助」の第二話を観ました。 ベタなコメディーと軽んじる人もいるかも知れませんが、ベタなだけで、あるいは逆に、最先端の笑いをやっている雰囲気だけで、少しも笑えないコメディー・ドラマが多い中、…

木曜劇場「人は見た目が100パーセント」の漫画的過剰表現はアリ?ナシ?

録画して置いた、フジテレビの木曜劇場「人は見た目が100パーセント」を1~2話続けて観ました。 その率直な感想(印象)ですが、「面白い」ではなく、「面白いシーンも少なからずある」ので、録画して置いて、気が向いた時に観る分には、ちょうど良いド…

やすらぎの郷~テレビ批判をしたい人たちの神輿ドラマ~

テレビ朝日「やすらぎの郷」の評判が良く、視聴率的にも、各メディア・批評家からも、支持されているようです。 ただ、このドラマ、本当に、その内容が、ウケていると言えるのでしょうか?そして、シルバータイムドラマという局の戦略通り、老人にウケている…

やすらぎの郷~あの倉本聰が夢想した、人工的ユートピア~

放送枠に、シルバータイムドラマと銘を打ち、現在、話題になっている、テレビ朝日「やすらぎの郷」を十話まで観た感想です。 脚本家の倉本聰氏の「今のままのテレビ(ドラマ)ではいけない。何か一石を投じたい。今、テレビというメディアに求められているも…

就活家族~きっと、うまくいく~ 最終回、全ての問題が、この一話で解決スペシャル

はじめに テレビ朝日「就活家族~きっと、うまくいく~」の最終回を観ました。 洋輔のインド行きは、どうなるのか?洋輔と水希の離婚問題は、どうなるのか?家族それぞれの仕事は、どうなるのか?新居は売られてしまうのか?そして、新井浩文と木村多江が演…

就活家族~きっと、うまくいく~ 最終回・直前レビュー

テレビ朝日「就活家族~きっと、うまくいく~」、テレビガイド雑誌の紹介記事を読む限り、現代の世相を反映させた、骨太の社会派ドラマかと期待して、私は毎週、録画していました。 そして、最近になって、第一話から第八話までを、三日かけて観て、本当に驚…