読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

ブログを開始して、継続期間が30日になりました

 

 私、北浦川文彦のブログ『詩と寓話とシュールレアリスム』に、一度でもアクセスしてくれた方々、わざわざ読者にまでなってくれた40人超の方々、本当に有難うございます。

 何らかのタイミングで、皆さんに感謝の言葉を述べたいと、常々考えてはいたのですが、記事数が100を越えた時に、言いそびれ、一日のアクセス数が100を越えた時に、言いそびれ、読者数が30を越えた時も、言いそびれてしまい、ここまで皆さんへのご挨拶が遅れてしまいました。本当に、申し訳ありません。

 

 それから、いつも訳の分からないタイミングで、記事を発信して、どうもすみません。普通は、ほぼ決まった曜日や時間帯に発信するものらしいですね。勘の良い方は、お察しでしょうが、私はブログもスマホも何もかも初心者で、よく分からないことが多いのです。他にも何か失礼があったとしたら、「これだから素人は・・・」くらいで、ご容赦してもらえれば、幸いです。

 

 また、ブログの説明では、書評や映画評もやるという話になっていますが、しばらくは、これまで通り、シュールな詩や寓話を書き続けるつもりです。もしも、私の批評に期待してくれている方がいるとしたら・・・ま、いないから、この話は、これで終わりにしましょう。

 

 最後に、読者第一号になってくれた、sakamotwinさん、早い段階で読者になってくれた、jougetuさん、warning351さん、hoku0827さん、初めてコメントをくれた、shell bodyさん、複数の記事を読んで評価してくれた、orionhankoさん、koza207さん、大変、励みになりました。感謝しています。

 

 名前の誤り、認識の誤りがあったら、ごめんなさい。以後、気を付けます。

 

「自分も結構、このブログ読んでいたのに、無視かよ。恩知らずっているものだな」と感じている方々、もっとごめんなさい。

 

浦川文彦『詩と寓話とシュールレアリスム』は、もっともっと、記事数・継続期間を伸ばして、より多くの読者の皆さんに支持されるよう、今後も精進していきますので、出来ればこれからも、応援、よろしくお願い致します。

 

二十行か三十行くらいの、短い挨拶をするつもりが、ちょっとした長文になってしまいました。ここまで、この記事を読み飛ばさずに、読んでくれている貴方、最後の最後まで、何か、すみません。