読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

間違い電話の対応について

詩・散文詩

 

(電話が鳴った)

 

はい、もしもし

 

はい

 

はい

 

はい

 

違います!

 

私が電話のつもりで

持っている、受話器は

コーヒーカップです

 

ごめんなさい

 

さっき鳴ったベルは

おそらく、隣人の電話です

 

それを知りつつ

見栄を張っていたのです

 

それでは、失礼します

 

何ですって?

そんなこと、ある訳ないでしょ!

あんまり、バカにしないでください

 

コーヒーの方は

ちゃんと、飲み切りました!

 

それでは、確認をしに

こちらに、いらっしゃいますか?

別にいい?

 

そうですか?

こちらとしては

どっちでもいいんですがね

 

(コーヒーカップという名の受話器を置く)

 

あー、もう、嫌になる!

過度な詮索、大きなお世話!