読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

いびつな犬

詩・散文詩

 

おれは、いびつな犬

脚四本とも、木の棒だ

 

尻尾も、お飾りで

安っぽい、子供の玩具が

ぶら下がっているだけだ

 

コツン、コツン

杖をつくように、歩いていると

みんな、その音に気付いて

 

こっちを見るけど

 

やめてくれないか?

 

おれを観察するのは

特に、足下を見るのは

 

そして、聞きたくもない

感想を言うのも

 

やめてくれないか?

 

お願いだから

笑ってくれるな

同情してくれるな

 

そっと、しておいてくれ

 

たとえ、転んで

起き上がれそうにない時でも

 

そっと、しておいてくれ

 

おれは、いびつな犬

ちゃんと、自覚している

 

前世の罰とも、思っていないし

素晴らしい来世への助走とも、思っていない

 

おれは、ただの、いびつな犬

 

お願いだから

 

そっと、しておいてくれ