詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

支持はする、しかし、自分の手は汚したくない

 

泥人形さんは、素敵だ

 

身長が180あるし

IQも180ある

 

性格は温厚で、正義感も強い

知識があって、知恵もある

そして、世界的な資産家だ

 

多くの有力者に推され

今度の国会議員の選挙に

候補することになった

 

彼は、郷土愛と、愛国心に満ち

政策通で、アイデアの宝庫だった

議論も、演説も、非の打ち所がなかった

 

素晴らしい笑顔が

天然自然のパフォーマンスとなった

 

テレビで、ある辛口キャスターも

彼を「新時代の旗手」と、持ち上げた

 

しかし、多くの有権者

自分の手が汚れるのを恐れ

露骨に、あるいは、やんわり

握手を拒否したので

 

彼は傷付き、選挙カーに乗ったまま

どこかへ、失踪してしまった

 

選挙の結果は、トップ当選だったのに

 

それにしたって、残念な話だ