詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

思い出の真相、甦った本当の記憶

 

敬愛するパパが死んで

もう、十年になる

 

あの日、僕が

パパから貰ったものは

 

本当に、クラリネットだったのだろうか?

 

今、冷静に、振り返ってみると

僕が、パパから貰ったものは

 

「オ、パッキャラマド、パッキャラマド

 パオパオ、パンパンパン

 オ、パッキャラマド、パッキャラマド

 パオパオパ」

という、謎の言葉だけだった気がする

 
f:id:kitafumi:20170306080058j:image

 

そして、壊れていたのは

クラリネットなんかじゃなく

 

パパの方だったんだ!