読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

全く、SEO対策していない、雑なブログの記事が検索上位に・・・何故?

 

 何の挨拶もなく、いきなりですが、昨日、私が投稿した「一期一会、はてなブログ新着エントリー」と、一昨日、投稿した「はてなブログ新着エントリーが、趣味になりつつあります」が、「はてなブログ新着」と「はてなブログ新着エントリー」という、メジャーなワードで、ヤフーやグーグルの検索エンジンに、上位表示されました。

 

 特に、「一期一会」の方は、本当に短い間でしたが、インデックスされた直後だけ、1ページ目の最後に表示されました。

 

 当然、今は順位を下げ、さっき見た時は、3ページ目まで押し出されていました。それでも、メジャーなワードの激戦区で、充分、健闘している方だと思います。少なくとも、私にとっては・・・。

 

 実は最近、というより、もう、1ヶ月以上、このブログ、SEOが強くなっています。

 

 明らかに過大評価では?と、記事を書いてる本人が、うしろめたくなるくらいです。

 

 記事がインデックスされた直後の検索順位が、記事タイトルの中のワードふたつで検索して、必ず1ページ目に表示されています。言うまでもなく、時を経て、ランクダウンしていきます。

 

 しかし、結構、しぶとく、上位に残る記事も少なくないです。比較的最近の記事のワードだと、「総記事数300」、「ありきたりな話題」、「危ない橋 安全」、「警察 不快な思い」、「執着 切り替え」などが、まだ検索1ページ目に表示されています。

 

 かなり前の過去記事でも、意外と1~3ページ目に生き残れているケースが少なくないです。

 

 大したキーワードじゃないからでしょ?

 

 確かに、それが第一の原因だと思いますが、それにしても、最近のヤフー・グーグルの私に対する評価は、行き過ぎだと思います。

 

 なぜ、そう思うのか?

 

 それは、ここ1~2ヶ月、SEOが強くなっている実感がある中、アクセス数の方は、全く、伸びていないからです。

 

 総記事数が、300以上あって、その多くが検索上位にインデックスされ、公開が始まっているにも関わらず、おそらく、検索流入からのアクセスは、ほぼ無いと思われます。

 

 無料ブログだし、グーグルアナリティクスなんて使っていないので、正確なことは分かりませんが、私のブログにアクセスしてくれている人たちの中心は、おそらく、100人超の購読者の皆さんだと思われます。

 

 有り難いことです。

 

 それにしても、折角、SEOが強くなったのに、それがアクセス数に全く繋がらないなんて、かなり、希少ですよね?逆に誇って良いのかも知れません。

 

 巡回する検索ロボットには、好かれても、調べものをしている人間には、全く、好かれないブロガー、北浦川文彦・・・あまり、洒落にならない気がします。

 

『詩と寓話とシュールレアリスム』って、ブログタイトル、そんなにセンスないですか?知らない人が見掛けたら、「こんなブログ、タップしたら、呪われるぞ!」と、思われても仕方ないくらい・・・。

 

 本人は、気に入っているし、長くやってきて、愛着もわいて、タイトルを変えようとまでは、考えていないのですが。

 

 記事タイトルが悪い?自分で、「インデックスされているか、何ページ目か?」、確認しやすくするために、単語を3~5くらい入れて、長めのものが多いですが、特に、内容にそぐわないものは、ないはずです。

 

 書き出しが悪い?そうかも知れません。真面目な調べものをしている人からすると、「どうせ、悪ふざけ」と、敬遠されてもおかしくないものが大半ですから。

 

 詩、というジャンル・テーマのイメージが、世間一般から、「つまらないうえ、ひとりよがり」と思われている?

 

 これは、私がどうにか出来る問題ではない気がします。少なくとも、私は「おもしろくて、誰が読んでも楽しめる」ものを目指しているつもりです。

 

 自分にしては、かなり、長文になってしまいましたが、まとめます。ロボットは、頭が良いようで、単純です。一定の文字数の記事を、毎日、更新・継続していれば、必ず、評価してくれます。

 

 しかし、人間の評価は、複雑です。そのうえ、やや意地の悪いところがあります。

 

 そんな人間の皆さんが、私の記事を見掛けた時、自然とタップしてもらえるように、日々の努力と、ブログの更新だけは、欠かさないつもりです。

 

 それでは、皆さん、次の「ブログの話」、あるいは「日常の話」の時まで、さようなら。

 

 ちょっと、話が長過ぎました。最後まで読んでくれた方、申し訳ありませんでした、そして、有り難うございました。