詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

デフレ脱却のヒント、気前のいい仙人と、欲張り市民

 

ある公園の隅にある

小さな池の底に

仙人が住んでいた

 

誰かが、その池に

一円玉を放り投げると

仙人は、水面から、顔を出して

「今、お前が落とした小銭は

 この一円玉か?

 それとも、別のコインか?」

と、訊ねてくる

 

「私が落としたのは、五百円玉です」

と、嘘をついても

仙人は、その言葉を信じて

自分が個人的に貯めている

甕の小銭入れの中から、五百円玉を出して

「もう、落とさないように」

と、気前よくくれてやる

 

噂は、街中に広まり

欲張りな市民たちが

一円玉と五百円玉を

次々、交換しに来るので

 

しばらくすると

仙人は、破産してしまい

久しぶりに、池から上がり

 

仕事探しの旅に出た

 

ある公園の周辺も、大変なインフレで

多くの善良な市民は、とても迷惑している

 

 

広告を非表示にする