詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

九十六歳の祖母、「罰金が来た!」と、孫に報告をする

 

 今回も、軽い認知症の祖母との留守番生活の話です。

 

 今朝、私が祖母のために、台所でお茶の準備をしていると、ピンポン、とチャイムが鳴り、来客があったようなので、玄関の方へ向かいました。

 

 たまたま、廊下を歩いていた祖母が、既に来客に対応していました。

 

 祖母は私の顔を見つけると、結構、早足で、こっちにやって来て、「罰金が来た。いくらかは、まだ訊いてない」と、私に小声で報告してくれました。

 

「罰金?何で?誰が?」と、私が首を傾げた、その直後、玄関先で、寒そうに立っていた女の人が、大きな声で言いました。

 

「おはようございます、ダスキンです!」


f:id:kitafumi:20170218084534j:image
 

 祖母は、「何だ、ダスキンか・・・」と、何故か、つまらなそうに、自分の六畳間へ、ゆっくり、帰って行きました。

 

 ちなみに、ダスキン代は、珍しく、祖母が払ってくれました。

 

 ダスキンの集金の女の人が帰ってから、祖母は、私が買って来たコンビニのドーナツを、一気に平らげ、お茶を飲みながら、「食べ過ぎた。昼食はいらない」と、私に言いました。

 

 そうは言っても、祖母は食欲旺盛なので、一食抜くとは考えられず、「じゃあ、昼食の時間を三十分遅らせよう」と、私が提案すると、「そうしてほしい。もっと遅くても構わない」と、苦しそうに答えました。

 

 そして、いつもなら昼食になる十二時を、十分ほど過ぎた時、祖母は、階段の下から、二階にいた私を呼びつけて、こう言ったのでした。

 

「ご飯は?もう、十二時過ぎてるのに!」

 

「三十分、遅めにするんじゃなかったの?」と、私が階段の踊り場で、いかにも不満げに言うと、祖母は、「ゴチャゴチャ言ってないで、何でもいいから、早く持って来てよ!」と、理不尽に、怒鳴り散らすのでした。

 

 俗に言う、逆ギレというやつです。

 

 私は、五分で祖母の昼食を用意しました。ご飯をよそって、味噌汁はインスタントで、既に出来ているおかずを、小さい皿に並べるだけですから、男の私でも、簡単なことです。

 

 食事中、機嫌が直った祖母は言いました。

 

「お前の作る味噌汁は、他の人が作るものより美味い!」

 

 これまで、インスタントではない味噌汁を、ずっと、祖母に出してきた、母親や妹の立場は?

 

 そう思った私は、美味そうに、インスタントの味噌汁を啜る祖母を見つめながら、苦笑せずには、いられないのでした。

 

 

広告を非表示にする