読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

今の生活、楽なんですけど、飽きてきました

日常の話

 

 今日は、母が抗がん剤の点滴を打ちに、父と一緒に病院へ行ったので、私は、九十六歳の祖母と二人で、留守番です。

 

 母は相変わらず、食欲がなく、昨日、食べたものなんて、熱い緑茶少量を朝・昼・晩、自家製の野菜ジュース少量、コーヒー牛乳少量、カップアイス少量、チョコレートひと粒、ブドウひと粒、飴玉ひと粒、クラッカーを1枚の半分、これだけです。

 

 それでも、退院して家に帰宅してからの数日間では、食べた方です。また、痛み止めの薬を飲まなくても、胃の痛みがなくなったそうなので、これからは食欲も増すでしょう。この痛み止めの薬は、副作用として、だるさや眠気や、食欲不振が伴うものでしたから。

 

 ちなみに、祖母の方も相変わらず、朝から、しっかり、ボケています。ちゃんと、朝食後に飲む薬を、私の目の前で飲んだにも関わらず、十分後には、「薬を飲み忘れた、大変だ!」と、一人で騒いでいました。

 

 十時のお茶の時も、「昨日、ナオコさんが持って来た、お土産は何だった?饅頭か何かだったら、食べよう」みたいなことを、言い出したのですが、昨日、ナオコさんは家に来ていません。

 

 それどころか、ナオコさんなんて名前の人、近所にも、親戚にも、おそらく、祖母の知り合いにも、存在しません。

 

 ま、笑うしかありません。

 

 こんな感じの生活をざっと一ヶ月以上、続けていますが、さすがにちょっと飽きてきた感じです。始めのうちは、楽でいいやと思っていましたが、最近は、楽だからいいってものじゃない、という気持ちが強くなっています。

 

 正直、お金の心配もありますし・・・私が好きなトトゴール3も、現在、3連敗中です。海外サッカーの知識は、国内サッカーほど、詳しくないので、早くJリーグが開幕して欲しいです。私の、残り僅かな軍資金が、尽きる前に・・・。

 


f:id:kitafumi:20170215135333j:image

  本文とは、何の関係もなさそうですが、この画像には、私の、母に対する「一刻も早く、お粥くらい、食べられるようになりますように」という、願いが込められています。確か、ブリューゲルの、ことわざか何かをテーマにした絵の、一部です。

 

 それでは、読者の皆さん、次の「日常の話」の時まで、さようなら。

 

 詩のアイデアもないし、「ブログの話」も書くようなことはないし、「テレビの話」も筆が進まないし、また明日も、「日常の話」かも知れません。それすら、大したネタもないんですけど・・・。