読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話や、日常生活にあったことを書こうとも思います。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」を観た感想です

 

 テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」を観ました。

 

 太川陽介蛭子能収の後継コンビが、なぜか、俳優の田中要次と作家の羽田圭介という、他のテレビ局のバラエティー番組にはない、テレビ東京らしい、意図の読めないキャスティングが話題になっていましたが、番組自体のテンプレートがしっかりしているので、誰をはめ込んでも、これまで通り、ちゃんと楽しめるというのが、今回のシーズン2、第一回放送全体の感想です。

 

 ただ「蛭子の前に蛭子なし、蛭子の後に蛭子なし」という、あの唯一無二のキャラクターを、この番組で観たがっていた視聴者にとっては、物足りなさがあると思われます。

 

 とはいえ、この番組のファンの中には、「アンチ黒エビス」も少なくなかったので、相殺されて、意外と、視聴率的には影響がないかも知れません。

 

  キートン山田太川陽介のWナレーションは、今回の放送を観た限りでは、さほど必然性を感じませんでしたが、リニューアル決定時に、番組サイドと太川サイドの間に、ひと悶着あって、その妥協案がコレ?・・・もちろん、ただの冗談です。

 

 個人的には、太川陽介がナレーションをやるよりも、蛭子能収と一緒に、副音声で解説でもしてくれた方が、豪華だし、楽しそうですが、テレビ東京は、楽しそうなことは好きでも、豪華なこと(金のかかること)は嫌いなようなので、今後も、実現はしない気がします。

 

 他に気になる点があるとすれば、「寄り道はするんだけど、住民とのふれあいはない感じ」と「食事での会話が、あまり弾まない感じ」でしょうか?

 

 ま、新キャストの二人が、もっとバラエティー慣れ、旅番組慣れすれば、解消されていく話なのでしょうが・・・。

 

 


f:id:kitafumi:20170326083424j:image

 田中要次、あの有名ドラマの決め台詞を披露。この時は、例のBGMも流れるが、番組の序盤に披露した「あるよ」の時は、BGMなし。聞こえてきたのは、スタッフの失笑だけ。

 

 羽田圭介の宣伝トレーナー、冒頭のつかみのギャグとしては、有効かも知れないが、まさか、二時間半も見せられることになるとは・・・。

 


f:id:kitafumi:20170326083529j:image

 金銭など、訊きにくい質問をする羽田圭介というパターンは、番組のお約束として、定着するかも?

 

 

f:id:kitafumi:20170326083605j:image

 走り出して、ひざまずいて、奇声を上げる芥川賞作家。カメラが時刻表を写す前に、「バス無かったんだ」と、視聴者に気付かれてしまう、悪い例。

 
f:id:kitafumi:20170326083626j:image

 意外と神経質な、芥川賞作家。埃だらけのジーンズを、懸命にパタパタ。そんな彼を放置し、先を急ぐ、IMALUと田中要次

 

 

f:id:kitafumi:20170326000031j:image

  自分が出演するバラエティー番組を、不発に終らせることなく、キレイに仕上げたいという情熱は、父親明石家さんま譲り?


f:id:kitafumi:20170326000118j:image

  そういうノリ苦手なんだよなあ、という感じで、黙り込み、ニヤニヤするだけの男が二人。

 


f:id:kitafumi:20170326000207j:image

 今回の放送で、この番組のファンが最も沸いたであろう、次回の土曜スペシャル「いい旅夢気分」の告知シーン。

 

「千葉って旅する価値あるのかな?」というテロップを見る限り、蛭子能収の黒エビスぶりは、健在どころか、威力が増しているようです。