詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

年内最後の記事になります、このブログに、一度でも、訪問してくれた、読者の皆さん、本当に、有り難うございました!


f:id:kitafumi:20171230105526j:image
 

 年内最後の記事ということで、約半年振りに、「日常の話」をします。上記(アイキャッチ)画像は、駄目なブロガーが、みんなやっている、飼い猫の写真です。何もないより、マシかと思い、貼ってみたものの、最近は、何も貼らない方が、かえって、お洒落という話も、よく聞きます・・・。

 

 

 さて、このブログの、過去記事によると、私の2017年の抱負は、「死なないこと」、「大きな怪我をしないこと」、「大きな病気をしないこと」、「犯罪に巻き込まれないこと」、「自然災害に巻き込まれないこと」だったようですが、一応、全て、クリア出来ました・・・しかし、このブログに、何度も登場している、私の母親が、四月に、癌で亡くなってしまったので、全くもって、良い一年とは、言えないものになってしまいました。

 

 今年の始め、というより、去年の年末から、私は、仕事を全くせず、胃癌の母親の看護と、認知症の祖母の介護をする生活で、ほぼ、自宅にいる状態が続きましたが、ブログを書くという意味では、決して、悪い状況じゃなかったと思います。

 

 母親が亡くなってからも、祖母の介護は続き、年末に、父親が、今の勤め先を辞めるまで、私は、外で働くことが出来ないという状況でしたが、父親の方が、最低でも、もう、三ヶ月は、仕事を続けるそうなので、私の方も、今の状況が、あと三ヶ月は、継続されることになります。

 

 ま、確かに、私が、どこかで、ちょこちょこ、アルバイトをするより、父親が、今の勤め先で働いていた方が、経済的に、プラスでしょうから、この決定が、文句の言いようがない、合理的な結論であることは、間違いないでしょう。

 

 で、私は、今回、あと三ヶ月の猶予が出来たことを、前向きにとらえ、このブログを利用して、アフィリエイトでも、始めようかと思っています。

 

 一月に、しっかり、アフィリエイトの勉強をし、二月からは、実際、始めてみる予定です。

 

 個人ブログが、アクセスを稼ぐのも、アフィリエイトで稼ぐのも、厳しい時代になって、久しいようですが、何もしないで、経済的に、情けない思いをしているよりも(たとえ、認知症の祖母を看ているという、エクスキューズがあったとしても)、何かをして(この場合、アフィリエイトに挑戦して)、生きるモチベーション(かなり、大袈裟ですが)を高めていくべきではないかと、私は考えています。

 

 

 話は変わりますが、このブログのアクセス数も、今年1月は、たかだか、1000超だったものが、10月には、30000超となりました(常に、95%が検索流入という、何とも、孤独なブログです)。

 

 もっと、記事のバリエーションを増やせば、例えば、ワンクールごとのドラマ批評の数を増やせば、もう、一段、上のアクセス数を稼ぐことは、可能かと思いますが、残念ながら、筆者は、記事を量産する才能に、恵まれていないようです、それでも、もう少し、頑張ってみよう(ワンクール3本を目指そう)とは、考えていますが・・・。

 

 そう言えば、今年は、「はてなプロ」になったり、「グーグル・アナリティクス」や、「グーグル・サーチコンソール」を使うようになりました。で、「何か、良いことあった?」と、訊かれても、「使う前に、憧れていたほどのことは、ない」というのが、正直な感想です。もちろん、「やって、良かった」とは、思っていますけど・・・。

 

 

 それでは、最後になりますが、北浦川文彦「詩と寓話とシュールレアリスム」、まだ、たったの15ヶ月の歴史しかない、吹けば飛ぶような、小規模ブログに過ぎませんが、なるべく、毎日、記事を公開して、訪問者(読者)の皆さんの期待に、少しでも、応えられるよう、日々、精進して参りますので、応援の方、どうぞ、よろしく、お願い致します。

 

 訪問者(読者)の皆さん、2017年、本当に、有り難うございました!

 

 

 ・・・あの、「なるべく、毎日、記事を公開する」と言ったばかりなのに、恐縮なんですが、大晦日・元日・二日と(場合によっては、三日も)、このブログは、お休みします。

 

「お前のような、失業者が、世間一般のマネしやがって!」と、お怒りの方、いらっしゃったら・・・どうも、すみません!