詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

モヤモヤさまぁ~ず2、田端周辺で、カンテレ、楽読、むせ抹茶!

テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」、5月14日放送、田端周辺の名場面ダイジェストです。 オープニングで、あのマルコが、色々と助言をして作り上げた、「あめんどろパン」を食べ、お葉書コーナーでは、福田アナの衣装をダシに、「モヤさま配信コンテンツ…

しくじり先生、茂木健一郎の言い訳の不十分さと、その矛盾について

5月14日放送、テレビ朝日「しくじり先生、俺みたいになるな!」に、脳科学者の茂木健一郎氏が出演し、例の「日本のお笑い、地上波テレビ、オワコン」発言に関して、その真意を語ったのですが・・・番組自体は、生徒であるお笑い芸人たちのアシストが多々…

出川哲朗の充電旅、テレ東を代表する無礼千万男・縫田Dの発言に、出川がリアルガチの不快感!

テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか~埼玉・秩父から、栃木・日光東照宮へ~」 の後編を観ました。 今回の放送の最大の見所は、絢爛豪華な装飾を誇る、美しい世界遺産・日光東照宮・・・ではなく、一行がゴールに辿り着いた後に起きた、出川哲…

ひよっこの第6週、面白いとは思いますけど、ツッコミどころも、増えてきた感じがします

NHKの朝ドラ「ひよっこ」の第6週(第31話~第36話)を観た感想です。 みね子の「初めての休日」、「初めての給料」を二大軸にし、それに絡めたストーリー展開と、その他の「初めて体験」、「時代を象徴するエピソード」を散りばめた、キッチリとした…

釣りバカ日誌2、第4話「日本連ドラ史上最大のハチャメチャ演出が、視聴者の度肝を抜く!」

テレビ東京「釣りバカ日誌2」の第4話、ストーリーがどうとか、リアリティーがどうとか、ディテールがどうとか、「そんなものはどうでもいい!」と言わんばかりの、批評家泣かせの、画期的なハチャメチャ演出が終盤にあり、それは、とにかく、大変なインパ…

ひよっこは、つまらないという感想が、少なくないことについて

NHKの朝ドラ「ひよっこ」は、すでに多くの、熱狂的支持者の獲得に成功している一方、ネットのドラマ掲示板などで、「つまらない」、「納得いかない」、「好みじゃない」と、批判されることも、結構、あるようです。 少なくとも、私個人は、「面白い」、「…

総記事数が400を超えてから、アクセス数も、順調に伸び始めています

今回は、久し振りに(三月下旬以来になります)、ブログの近況報告をします。 三月に公開した「テレビの話」というカテゴリーの「モヤさま2、伊藤Pの重大発表・・・」が、私のブログ記事ではあり得ない、大当たりとなり(この記事だけで、ざっと一万以上の…

モヤさま2、浅草橋で風流なリスタート、東中野でドイヒーなゲスト3人と、SPの延長戦

番組全体に「祭りのあと感(10周年記念SP・ロス)」、三村特有の「大江キャスター・ロス」が漂う中、モヤさまは11年目に突入し、さまぁ~ずの三村と大竹にも、早速、心境の変化が表れます。 橋の上から、隅田川に流れる桜の花びらを眺めて感心したり、…

出川哲朗の充電旅、ゴールの日光東照宮へ行く前に、出川と縫田Dの失言が、ノン・ストップです!

埼玉県秩父の羊山公園で、蛭子能収の「千葉って、旅する価値あるのかな?」に匹敵する、出川哲朗の「埼玉に、そんな絶景あります?」という暴言から、旅は始まります。 その後、この周辺を二度、茨城(人口3百万弱)と勘違いし、関東ナンバー3を自負する、…

釣りバカ日誌2、第3話「ハマちゃん、人格者となり、みち子さんのセクシーな誘惑に打ち克つ!」

五月五日放送の「釣りバカ日誌2」第3話の、紙芝居風ダイジェストです。他のブログにあるような、正確なあらすじではありません。どうか、ご了承下さい。 日曜日、みち子さんとの映画の約束を断って、一人でイシダイ釣りへ出掛けたハマちゃんでしたが、かな…