詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

このブログの総記事数が、今回で「650」になりました!


f:id:kitafumi:20180307085951j:plain

 つい先日、総記事数「600」超えの記事を書いたばかりですが、あの時、既に総記事数が、646だったので、早くも、今回は「650」到達記事です。


 上記画像の、「カーテンレールの上を渡る猫」は、前回同様、アイキャッチ画像として、取って付けてみただけで、今回の記事の内容とは、一切、関係がありません。



 さて、一応、記事50ごとに、「ブログの話」をするようにしているので、この記事を書いてはいますが、「実は、こんなことがありまして・・・」みたいな話は、特にありません。


 アクセス数の方は、去年の10月~12月くらいが、ピークで、今年に入ってからは、ずっと、減少傾向が続いています。


 このサイトへのリンクも、ピーク時に15000以上あったものが、10000割れして、久しいですし、平均検索順位も、8位台後半だったものが、9位台後半に、平均CTRも、10%超あったものが、7%を割り込んでいるので・・・とにかく、この「詩と寓話とシュールレアリスム」が、割と長めの停滞期にあることは、間違いないようです。


 原因は、単純に、今年に入ってから、1本も、「集客出来る記事」を、書けていないことでしょう。


 惰性で、得意なジャンルの記事ばかり、書いていても、現状維持すら難しく・・・もっと、「バリエーション」を増やしたうえで、「集客(SEO的には、タイトル)」を意識した記事を、何本も書かないと、もう、一段、落ちていく予感です。


 ただ、自分の中では、「書きたいこと(書けること)」を書いて、結果は、運任せのスタンスの方が、「ストレスにならなくて、いいかな?」という、気持ちも強いのですが・・・。



 話は変わって、今年の2月に入ってから始めた、アフィリエイト(バリューコマース)の方も、成約は、未だ、ゼロです。


 全くの初心者で、右も左も分からないうえ、広告を貼った記事も、数えるほどしか書いていないので、当然と言えば、当然でしょう。


 集客に専念すれば、結果が出るものなのか、少ないアクセスでも、成約に繋がる、コツを追求するべきなのか、おそらく、両方考えているんでしょうね、プロのアフィリエイターの人たちは・・・。


 私も、アマなりに、色々と考えてはいるものの、残念ながら、これといって、何も思い付きません・・・。





 文才があり、商才があり、意志も強い、勉強家で、何より、「誠実な貴方」は、きっと、アフィリエイトで、成功出来るでしょう(ちなみに私は、何ひとつ、該当しないので、きっと、成功出来ないでしょう)。