詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

モヤさま2(練馬・江古田)、配慮&ツッコミ星人・上川隆也の降臨で、この番組に、小栗旬以来のトキメキ!


f:id:kitafumi:20180425095157j:plain

 テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」、4月15日放送、練馬・江古田周辺の、名場面ダイジェスト記事です。



f:id:kitafumi:20180425095213j:plain

 オープニングは、ここにいれば、車に轢かれることもない、江古田の魔の三角地帯で、「えこだは練馬区、えごたは中野区」という、定番の話をやったうえで、「えこだの方が有名。言いやすい方が勝ち」と、さまぁ~ずの2人の、まさに独断と偏見により、中野区民の誰も知らないところで、えごたが、えこだに惨敗します。



f:id:kitafumi:20180425095230j:plain

 今日のオープニングは、視聴者からの、おハガキではなく、テレビ東京のドラマ担当Pから、モヤさまPへの、番組宣伝(上川隆也出演)のための、社内メール・・・一応、番組スタッフが、さまぁ~ずの2人に、意見を訊くものの、すでに、上川は、どこかでスタンバイしているらしく、それは形だけのものに過ぎませんでした。



f:id:kitafumi:20180425095247j:plain

 さまぁ~ずの2人が、番組のロケ中、身体を動かす時に、履き替える、4年前、ローマで買った(間違いなく、イタリア製ではない)、無駄にヒモの長い、ペラペラの運動靴を、名高いメーカー品に、チェンジするため、あれこれ、しばき(三村用語)してみます。



f:id:kitafumi:20180425095259j:plain

 児童書や実用書がメインの、結構、メジャーな出版社、永岡書店で、とにかく、本が好きだという、部長にも参加してもらい、難読漢字クイズ大会が開かれますが、出題者大竹が、「それ自体、知ってはいるけど、漢字の方は知らない」、そんな問題を欲しがる、番組と解答者の気持ちを無視したことで、大ブーイングを受けます。

 ちなみに、大竹が第1問で出した、謎のワード・和毛(にこげ)の意味は、「柔らかい毛。うぶ毛」だそうです。



f:id:kitafumi:20180425095313j:plain

 地域の祭りなどで、披露することもあるという、ベリーダンス教室で、もはや、さまぁ~ずの、ブラジャー担当にして、ブラジャーが正装となっている、三村が、楽しく踊っているところに・・・あの上川隆也が、遠慮がちに降臨します。



f:id:kitafumi:20180425115409j:plain

 偶然、モヤさまを初回から観て、ファンになり、DVDボックスも持っているという、上川は、三村一族の拠点でもある、曳舟の回で、小栗旬がゲスト出演している姿を観た時、「いつか、自分も」と、ずっと、考えていたそうです。



f:id:kitafumi:20180425095347j:plain

 この雑貨屋さんで、イチオシの目玉商品である、タワシの孫の手を使い(タワシ部分を目にあて)、「右、上」とやり出した、三村に、ドラマの撮影現場じゃ、「ツッコミ星人」と言われているらしい、上川が、「(小声で)眼検じゃない・・・(そんなことしていると)目が痛いです!」と、噂通りの見事な活躍をします。



f:id:kitafumi:20180425095405j:plain

 テレビ東京で、金曜8時からやっている、上川隆也主演ドラマ「執事・西園寺の名推理」では、彼のアクション・シーンになると、必ず、このマスクをかぶる・・・という訳ではなく、女主人役を演じる八千草薫が、秘密のパーティーに出る時、必ず、このマスクをかぶる・・・という訳でもなく、この雑貨屋で、一番、売れていない、「和紙のお面付きのし袋」を、絶対、スベると分かっていながら、上川が、かぶらされているところです。



f:id:kitafumi:20180425114925j:plain

 150人以上のベテラン・ママさんプレーヤーが通う、卓球教室で、アヒルのオモチャに、球を当てて、床に落とすゲームが行われ、モヤさまスタッフ全員が、上川に、格好良く決めてもらいたいと願う中、当てられたのに、落ちずに、耐え続ける、空気の読めない、めがねアヒルが、大ひんしゅくを買います。


 上川の前に、どういう訳か、一球で成功してしまった、三村と共に・・・。



f:id:kitafumi:20180425115014j:plain

 売れそうなメニューは、どこの国の料理でも作る、国際派のインド料理店で、おそらく、さまぁ~ずの2人には、訊かれたことなどない、上川の「顎の怪我の方は、もう、大丈夫なんですか?」という、心配の言葉に、福田アナの心も、きっと、トキメキが止まらなかったことでしょう。



f:id:kitafumi:20180425115030j:plain

 すでに、カメラの回っていないところでも、上川の配慮を味わっていた三村、チーズ・ナンを配る時、上川から、さりげなく小皿を渡され、「次の配慮は?」と甘える彼には、上川の配慮なしのロケなんて、もう、考えられない・・・?



「チーズ・ナンも選べる、冷凍極旨インドカレー」を、ヤフーショッピングで!



f:id:kitafumi:20180425115043j:plain

 ドラマの撮影のため、モヤさま・ロケを離脱した上川を、大竹は「いい男だねえ」、三村は「ありゃあ、モテるわ」と、ベタ誉めした直後・・・あまり関わり合いになりたくない感じの、コワモテ男が、モヤさま一行を待ち伏せ、誰かと思ったら、近くで芝居の稽古中だった、俳優の宇梶剛でした。


 モモヒキ姿の宇梶に対し、「テレビに出る格好じゃない!」と突っ込む三村、自分が、番組の序盤、銀色に輝く、ベリーダンスのブラジャーをしていたことなど、もう、忘れてしまったようです。



f:id:kitafumi:20180425115517j:plain

 数年前、銀座の時も、訪問している、ステージ衣装の専門店で、美空ひばりと同世代の、グイグイ系歌手と遭遇、PV出演を依頼され、見るからに、全く、乗り気ではない大竹も含め、誰かが、断る理由を考える間もなく、一気に、3人揃って、飲み込まれていきます。



f:id:kitafumi:20180425115107j:plain

 寿司ロボットを作る、機械メーカーとして、圧倒的な国内シェアを誇る、一流企業で、福田アナが、ロボットの握ったシャリを、意味もなく、6個も、口の中に頬張ったのは、さっき、顎の怪我を心配してくれた、上川に対し、自身の完全復活を、アピールしてみたかったのでしょうか?


 目の前のシャリを、入るだけ、口に詰め込んでしまう、マナー知らずのアナタに、池田書店「英語訳付き・寿司ガイドブック」を、ヤフーショッピングで!



f:id:kitafumi:20180425115118j:plain

 世界のつくねが自慢の居酒屋で、各国のつくねを、モヤさま一行が味見、メキシコ味を食べた三村は、「メキシコっぽい」と評し、イタリア味を食べた大竹は「そんなに、バジルの風味はない」と評し、EU味を食べた福田アナは「チーズ・・・EU?」と評し、タイ味を食べたAD・ユサギは「パクチー以外のハーブが必要」と評し、まさかの1勝3敗となった店主が、特技だという、自転車の静止乗りを披露しようとしますが、「いきますよ、おっ・・・止まりません、ちょっと、緊張してるかな?(自転車を降りる)」、「(モヤさま一行が、敷地を出てから、再チャレンジ)誰もいないと、出来たりして・・・ダメだ!」と、店主の連敗に歯止めが掛からない中、大竹が「殿堂入りはしないけど、いいんですよね」と、店主を評したところで・・・この記事も終了です。



 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合い頂き、本当に、有り難うございました。


 機会があれば、また、訪問してください。