詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

一期一会、はてなブログ新着エントリー

 

 前回、私は、はてなブログ新着エントリーを見るのが、趣味になりつつあるという記事を書きました。

 

 とはいえ、私がはてなブログ新着サイトの存在を知り、頻繁に見るようになったのは、まだ2週間程度でしかなく、はてなブログ新着ウォッチャーを気取るのは、本当におこがましいのですが、今回も、新着エントリーの話をします。

 

 健康・美容・料理・旅行・買い物・家・車・投資などの「お役立ち情報」と、小説・漫画・映画・ゲーム・音楽・テレビ番組・スポーツの「論評」が、情報を発信する側にも、受信する側にも、人気のようです。

 

 お役立ち情報の中には、プロの雑誌記者も顔負けの「これが無料なら、ファンも多いだろう」という記事も、少なくない反面、論評の方は、「短か過ぎる」、「いかにも一般論」、「主観が酷い」という記事が、多い印象です。

 

 テーマの明確な有益情報と論評、現在の個人ブログの二大軸となっているようですが、どちらも私は、エントリーされていても、タップすることはなく、最近は、あまり見ていないです。

 

 私が楽しみにしているのは、役に立つとか、立たないとか、そんな選考基準を超越した、「謎のブログ、謎の情報」です。

 

 大体、日記風エッセイに多いです。ブログのタイトルが、絶対に、思いつきです。意外と、本名風の名前です。記事タイトルが、無題だったりします。超短文が多いです。語り口が、拍手したくなるほど、乱暴か軽薄です。あり得ない、派手な誤字・脱字があったりします。画像も、内容とは全く無関係で、まさに謎です。

 

 こんな謎だらけのブログと、新着エントリーで出会っても、再会することはないのが普通です。少なくとも、私の経験では、読んでいて、「謎!」と、思わず呟いてしまったブログほど、それっきりです。美容や料理などを扱った、いかにもな人気ブログは、タップしないだけで、結構、何度も見掛けることが出来るのですが・・・。

 

 残念です。出来れば、長い付き合いをして、そのあらゆる謎を、私が解明してみたかったのに。

 

 すぐ、読者登録すればいい?少し、怖くないですか?私は、そこまで接近したくはないんです。

 

 ただ、距離を置いて見守りたいだけで・・・。

 

 以上、『一期一会、はてなブログ新着エントリー』の話でした。

 

 

広告を非表示にする