詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

テレビの話(わろてんか)

やっぱり、史上最低の朝ドラ?「わろてんか」最終回と、物語全体の感想です!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか」の、最終回を観た感想です。 北村笑店に所属する、芸人と裏方が、一緒になって、「青空喜劇・北村笑店物語」を演じるという最終回は、アイデアとして悪くないし、その仕上がりも、亀井や四郎の奮闘により、及第点だ…

NHK「あさイチ」出演の葵わかな、朝ドラ「わろてんか」を語る!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか」で、現在もヒロインを演じている、葵わかな(19)が、3月16日放送の「あさイチ」に、ゲストとして登場・・・プライベートでも、仲良くなったという、おトキ役の、先輩女優・徳永えりに対し、「えりさんが、何…

朝ドラ史上最低の作品「わろてんか」の、感想を書くことに、疲れてしまいました・・・。

筆者は、NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか」を、初回から、1~3話(ほぼ2話)ごとに、感想、というより、結果として、批判記事を書き続けてきましたが、第113回で(現在、放送は132回まで、進行中)、ギブアップします。 もう、わろてんかの…

「わろてんか」のスピンオフ・ドラマが、「ひよっこ」より先に決定した、その理由について

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか」の、スピンオフ・ドラマが、早くも、今年の4月21日に放送されることが決定し、そのサブ・タイトルは「ラブ&マンザイ」で、全4話の、オムニバス形式になっているそうです。 ちなみに、第3話のタイトルは「楓の…

わろてんか(第112回・第113回)、藤吉・権利書・パーマ機1千台、隼也・通帳・マーチン・ショウ!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第112回・第113回)」は、キース・アサリが解散して、ひと月ほど経った頃、北村笑店から、伊能商会に移り、真面目に働いていた、隼也が、会社の電話を受けると、それは「マーチン・ショウ」の代理人からだっ…

わろてんか(第110回・第111回)、風太の唐突な提案で、キース・アサリのコンビが、解散へ!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第110回・第111回)」は、てんが手掛けた、ミス・リリコ・アンド・シローの人気は、うなぎのぼりで、連日、二人を目当てに、寄席に来るファンが、後を絶たない・・・来年は、北村笑店の25周年、てんは「何…

わろてんか(第108回・第109回)、てんが女興行師として、「しゃべらん漫才」を成功に導く話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第108回・第109回)」は、社長のてんと、専務の風太のところへ、四郎が訪ねて来て、「社長には、申し訳ありませんが、しゃべらん漫才なんて、僕には出来ません。リリコさんとのコンビも、解消させてください…

わろてんか(第106回・第107回)、ミス・リリコ・アンド・シローに、解散の危機!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第106回・第107回)」は、てん・トキ・楓などの、北村笑店の女性陣が、ミス・リリコ・アンド・シローを、売り出すための話で、盛り上がる中、当のリリコと四郎の漫才は、未だ、完成には程遠かった・・・二人…

わろてんか(第104回・第105回)、隼也の下働き、伊能の「社長の極意」、月刊キタムラの創刊!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第104回・第105回)」は、てんが、初めてプロデュースした漫才コンビ「ミス・リリコ・アンド・シロー」が、ある新聞に「あはれ、美人女優の末路、素人と組んで、笑えぬ漫才」などと書かれ、散々な評価を受け…

わろてんか(第102回・第103回)、ミス・リリコ&シローの初舞台、隼也の帰宅、更に、藤吉まで帰宅?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第102回・第103回)」は、事務所で、「リリコと四郎のコンビを、どう売り出すか?」について、てんが、トキや楓たちと、話し合っていると、そこへ、アメリカから帰国した、隼也が顔を出す・・・自宅で、てん…

わろてんか(第100回・第101回)、リリコの漫才の相方が、四郎に決まる話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第100回・第101回)」は、映画だけではなく、不動産や百貨店などの多角経営に成功し、今や、日本有数の大企業となった、伊能商会へ、てんとリリコが訪問、その目的は、リリコの漫才師転向(北村笑店への移籍…

わろてんか(第98回~第99回)、このドラマの脚本家の、独特過ぎる時間経過の手法に、視聴者は、またも困惑気味?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第98回~第99回)」は、藤吉の葬儀が終わっても、彼の仲間たちが、次々と弔問に訪れる中、伊能も現れ、「僕は、北村笑店の役員になる。そして、僕の会社と北村笑店は、業務提携をすることになる」と、てんに、…

わろてんか(第96回~第97回)、キースとアサリの、新しい漫才が完成する話、てんに見守られながら、藤吉が逝く話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第96回~第97回)」は、藤吉の見舞いに来た、伊能に、「今の興行界は、映画や芝居に比べて、寄席の売り上げなんて、微々たるもの・・・日本も、アメリカみたいに、芸人が映画に出るようになれば、ウチの300…

わろてんか(第94回~第95回)、アメリカ帰りの啄子の話と、病気が再発した藤吉の話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第94回~第95回)」は、漫才のネタなんて、風呂屋や床屋に行けば、いくらでも転がっていると聞き、銭湯通いを始めた、キースとアサリだったが、漫才のネタになりそうな話はあるものの、忙しい二人には、それを…

わろてんか(第92回~第93回)、死に逝く藤吉に、花を持たせよう週間の始まり?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第92回~第93回)」は、先日、脳卒中で倒れた、藤吉だったが、妻・てんの支えもあり、順調に回復し、北村笑店・社長としての仕事を、精力的にこなしていた・・・ある時、藤吉は、てんと一緒に、東京へ出張に出…

わろてんか(第90回~第91回)、団吾のラジオ出演を切っ掛けに、風太とトキが結婚!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第90回~第91回)」は、どうしても、団吾のラジオ出演を阻止したい風太が、若い社員を二人、大阪中央放送所へ送り、団吾の見張りをさせる・・・事務所にいても、「北村笑店の芸人は、ラジオ出演禁止!」と明言…

わろてんか(第88回~第89回)、そばとうどん、落語と漫才、どっちが好き?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第88回~第89回)」は、脳卒中で倒れた藤吉が、3日ぶりに目を覚まし、この時、彼の傍にいた、てんと隼也は、歓喜する・・・医師の診察によると、藤吉は「言葉も喋れるし、大きな後遺症は無いようだが、左半身…

わろてんか(第86回~第87回)、藤吉が急に倒れる、隼也が急に老ける、風太がトキに、メリー・ミー!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第86回~第87回)」は、1929年の初冬、時代は、大きな変化を迎えていた、てんと藤吉が住んでいた家は、改築され、ガスや水道が引かれ、生活の利便性が向上・・・ラジオ放送の開始により、大阪では、大変な…

わろてんか(第84回~第85回)、栞と志乃の、ちっとも泣けない、母子が和解する話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第84回~第85回)」は、てんが伊能のところへ、「志乃の記憶が戻ったこと」、「彼女が東京へ帰る、と言っていること」を伝えに行くが、伊能は、自分を金で売った母親を、許すことが出来ず、二人を和解させよう…

わろてんか(第82回~第83回)、ひよっこの実にも、教えてあげたい、吉田流・記憶喪失の治療方法!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第82回~第83回)」は、東京で大地震に遭い、記憶を失い、キースと一緒に、大阪へやって来た、志乃は、伊能の実の母親だった・・・志乃は、てんの世話で、長屋に住まわせてもらったり、医師に診てもらったりし…

わろてんか(第80回~第81回)、関東大震災の話というより、記憶喪失者の話というより、いつも通りの、ズッコケ話!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第80回~第81回)」は、安来節乙女組の大流行もあり、大阪・演芸界のトップを走る、北村笑店は、次の目標として、寄席と芸人の、東京進出を考えていた・・・藤吉の東京への出張、彼は、手始めに、現地の寄席で…

わろてんか(第14週)、年が明けても、何も変わらない、これまで通りの、ダメ脚本!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第14週)」は、てんと藤吉の息子・隼也と、安来節乙女組のとわが、突然、いなくなってしまい、みんなで探し回るものの、見つからない・・・そんな中、天満風鳥亭にいた、てんの前に、伊能が現れ、大阪駅で見つけ…

わろてんか・総集編(前編)を観た感想です!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか・総集編(前編)」を観ました。 この総集編を、肯定的に観た人は、本編同様「スピード感があって良い」と、感じたでしょうし、否定的に観た人は、本編同様「話が、繋がっていない」と、感じたかも知れません。 筆者…

わろてんか(第75回~第76回)、この年内最後の放送が、これまでで、一番・・・あざとい!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第75回~第76回)」は、藤吉とてんが、安来節の踊り手を求め、島根まで行き、発掘した四人の娘たちが、北村笑店の「風ひな寮」へ・・・その日の夕方、歌子の店で、四人娘の歓迎会が開かれ、彼女たちの芸名が、…

わろてんか(第73回~第74回)、またも出ました、このドラマの脚本家の秘技「週またぎ、二段階、時間飛ばし!」

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第73回~第74回)」は、芸人の数も増え、寄席の数も増え、順風満帆の北村笑店は、藤吉が代表取締役兼総席主、てんが取締役経理、風太が総支配人(大番頭)となり、その運営状況は、今後も、磐石にみえたが、自…

わろてんか(第71回~第72回)、とにかく酷い、ハチャメチャな脚本、でも、それが魅力(また、観てしまう理由)?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第71回~第72回)」は、藤吉と寺ギンの対立は、時が経つにつれ、深まっていくばかり、寺ギンが、大阪中の太夫元だけではなく、神戸や京都の太夫元まで、手を回したせいで、全く、芸人が集まらない北村笑店は、…

わろてんか(第69回~第70回)、アサリ、祖父の前で茹であがる!トキ、風太に連続ビンタ!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第69回~第70回)」は、太夫元の寺ギンが、ついに、芸人を一人も送って来なくなり、右往左往する北村笑店の面々、しかし、藤吉が、他の太夫元から、芸人を回してもらうことに成功し、何とか、その危機を切り抜…

わろてんか(第67回~第68回)、北村笑店(風鳥亭)の売り上げと経費に関する設定の、その余りの酷さについて!

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第67回~第68回)」は、当代随一の人気者・月の井団吾を、北村笑店の専属にしたことで、勢いに乗った藤吉は、三軒目の寄席を手に入れ、その売り上げも好調だったが、自前の芸人が少ない北村笑店の、寺ギン頼り…

わろてんか(第65回~第66回)、このドラマの脚本家は、描けないシーンが、多過ぎる?それとも、省略の天才?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第65回~第66回)」は、団真が「われても末に、あわんとぞ思ふ」という、意味ありげな書き置きを残し、姿を消してしまう・・・川にでも身投げするのではないか、と皆が心配をする中、てんは、団真が居なくなっ…

わろてんか(第63回~第64回)、朝ドラに、昼メロのような話を投入すると、視聴率は上がるという実験に、成功?

NHK・朝の連続テレビ小説「わろてんか(第63回~第64回)」は、てんと藤吉夫婦の冷戦状態を、何とか、終結させたい、風太とトキが、一計を案じ、二人を引き合わせ、お互いの思うところを語らせる・・・その頃、藤吉に喝を入れられ、自分たちの甘さに…