読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

朝ドラ「ひよっこ」の第十八話、みね子の決意表明より気になる、ちよ子の大暴走!


f:id:kitafumi:20170422105005j:image

 

 NHK・朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の第十八話を観た感想です。

 

 十五分という、短い放送時間の中に、主要なエピソードが三つあり、一つ目は「父親の失踪に気付き、東京へ向かおうとするが、当然、最後は帰宅することになる、ちよ子の話」、二つ目は、それにともなって、クローズアップされる脇役「バスの車掌の次郎の話」、そして、三つ目は、ストーリー上、最も重要な「父の代わりに、東京へ出稼ぎへ行く、その決意を家族に話す、みね子の話」です。

 

 茂と次郎の、「悪かったな、次郎。バスの方は大丈夫なのか?」、「まあ、車掌なんて居なくてもな」、「んだな」、「いや、そんなことねえよ!」というやり取りや、みね子が東京行きの告白をするシーンも良かったですが、何と言っても、今回の放送のMVPは、大人たちから、子供だからと軽んじられ、父の失踪を教えてもらえず、傷付き、感情が爆発する、ちよ子でしょう。

 

 

f:id:kitafumi:20170422112446j:image

 夕方、バスの車掌の次郎に連れられて、帰宅したちよ子、心配して外へ探しに出た母と、涙の抱擁かと思いきや、それを振り払い、早足で家の中へ。

 


f:id:kitafumi:20170422112906j:image

 ちよ子が家に入ると、手拭いをほっかむりし、紙の手裏剣を持った、弟の進が、唐突に勝負を挑んで来ます。

 

 

f:id:kitafumi:20170422113201j:image

 進の右側頭部に、ちよ子の横からの一撃が決まると・・・。

 


f:id:kitafumi:20170422113529j:image

 進は「いでえ」という、短い言葉を残し、あっさりとダウンします。まさに秒殺です。

 


f:id:kitafumi:20170422113823j:image

 その勝利の余韻にひたることもなく、一人、押し入れの中に引きこもる、ちよ子です。

 


f:id:kitafumi:20170422114013j:image

 みね子たちが大人の話を始めることを察して、押し入れから出て来て、進を引き摺り回す、ちよ子です。

 

 進「何で?姉ちゃん離せ!やだよ!」

 


f:id:kitafumi:20170422115133j:image

 ちよ子と一緒に、押し入れに入っても、「やだよ!やだよ!」を繰り返す、騒々しい進・・・。

 

 押し入れという、暗い密室の中から、パン、パンという、乾いた音がすると、進は急に、静かになるのでした。 

 

 


f:id:kitafumi:20170422115738j:image

 月日は流れて、冬になり、家の田んぼに出来た水溜まりの氷を、進と一緒に、何度も踏み続けるちよ子です。

 

 もう、今の彼女にとって、世の中に存在する全てのものは、攻撃対象でしかないのかも知れません。