詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

出川哲朗の充電旅、千葉・房総半島、富津岬から、洲崎灯台へ!「よゐこ・濱口&アッキーナ、結婚おめでとうSP!」


f:id:kitafumi:20180708095635j:plain

 7月7日放送、テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?千葉・房総半島、富津岬から、洲崎灯台へ!」の、名場面ダイジェスト記事です。



f:id:kitafumi:20180708095650j:plain

 オープニングは、富津岬の展望台にて、出川の方から、今回の放送が「よゐこ・濱口&アッキーナ、結婚おめでとうSP!」であること・・・土方Dの方から、今回の放送が、またも、「夕陽企画(洲崎灯台で、ダイヤモンド富士)」であることが語られます。



f:id:kitafumi:20180708095712j:plain

 オープニングの直後、早くも、今回の旅のゲスト・よゐこの有野が登場し、土方Dのことを「このウリみたいな人、誰ですか?」、「出川さんの弟子ですか?」と、繰り返し、いじらずにはいられなくなります。



f:id:kitafumi:20180708095727j:plain

 濱口から、相方の有野に、結婚報告があったのは、ラインで、発表の数日前・・・先輩の出川には、電話で、発表前日の結婚報告だったものの、「挨拶に行きたい」と言われ、時間を指定すると、「その時間は、内村さんのトコに、挨拶行かないといけないんで」と、断られたそうです。



f:id:kitafumi:20180708095743j:plain

 富津海岸の潮干狩り場に立ち寄ったものの、出川がヤラセを提案したくなるほど、貝の方は獲れませんでしたが、代わりに、子供たちから、砂で汚れた手で触ってもらい(一定の笑いを確保)、大満足の出川哲朗です。



f:id:kitafumi:20180708095754j:plain

 バイクで走行中、海苔の直売所を見かけて・・・。

 出川「千葉の海苔は、美味しいからね」

 有野「海苔、買いますか?」

 出川「買わないよ、オレ、海苔屋(蔦金商店)の息子だよ!」



 蔦金商店「出川哲朗の元気のりのり味付け海苔(4個セット)」を、ヤフーショッピングで!



f:id:kitafumi:20180708095808j:plain

 出川哲朗の食レポ・クイズ。地元の名物・はかりめ丼(あなご丼)を食べた、出川が「うなぎを、超やわらかくした感じ」の次に、ニュアンスを変えて言い放った、失礼な感想とは?



 答え「ちょっと、煮過ぎた感じ」



f:id:kitafumi:20180708095821j:plain

 今日のロケが、「濱口、結婚おめでとうSP!」ということで、彼に電話をかけ、千葉まで呼び出そうとする、出川でしたが、電話に出たら、出演せざるえなくなると、危険を察知した濱口は、かたくなに、留守番電話のままでした。



f:id:kitafumi:20180708095833j:plain

 出川哲朗の食レポ・クイズ。映画のモデルにもなった、有名な岬のカフェで、店主自慢のブレンド・コーヒーをひと口飲んだ、出川の失礼な第一声とは?



 答え「はあ・・・正直、アイスコーヒーが飲みたかった」



f:id:kitafumi:20180708095850j:plain

 ホテルの、日帰り入浴も可能な、展望大浴場の畳敷きに感激し、「風呂場で横になれるなんて!」と、はしゃぐ出川に対し、有野が「横になる必要なんてないですけどね」と、冷静に突っ込みます。



f:id:kitafumi:20180708095900j:plain

 展望大浴場の、ホテルのフロントから、何故か、色紙にサインを求められた、土方Dが、小学校5年生の時に考えたという、オリジナル・サインを披露・・・それにしても、この「ウリD」、子供の頃、一体、何になるつもりで、サインなんか考えていたのでしょう?



f:id:kitafumi:20180708095919j:plain

 午後6時過ぎ、洲崎灯台のある、館山市には到着したものの・・・バッテリーの充電のために、立ち寄ったはずの中華料理屋で、すっかり、長居してしまい、「ダイヤモンド富士」なんて、どうでもよくなってしまった、充電旅一行です。
 


f:id:kitafumi:20180708095931j:plain

 土方Dに促され、もう、辺りは真っ暗なのに、一応、ゴールの洲崎灯台へやって来た、出川&有野の前に、ここで2時間以上、待っていたという、濱口の姿が・・・。



f:id:kitafumi:20180708095953j:plain

 わざわざ、番組のために、千葉(洲崎灯台)まで来てくれた濱口と、「面白いから、行って来て」と、彼の背中を押してくれた、アッキーナのために、出川が、得意の「バンザーイ!」を連呼したところで・・・この記事も終了です。



 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合いして頂き、本当に、有り難うございました。


 機会があれば、また、訪問してください。