詩と寓話とシュールレアリスム

タイトル通りのテーマです。シュールな詩と寓話を書きます。たまに、ブログの話やテレビの話、日常生活にあったことを書こうとも思います。

タカトシ・温水の路線バスの旅、横浜で、チョコレート工場に、キャンドル作り、最後は、牛鍋をレポート!


f:id:kitafumi:20180603092248j:plain

 フジテレビ「タカトシ・温水の路線バスの旅、女優・比企理恵とゆく、横浜で、チョコレート工場に、キャンドル作り、最後は、牛鍋をレポート!」の、名場面ダイジェスト記事です。




f:id:kitafumi:20180603092259j:plain

 オープニングは、今回が2度目の登場になる、ゲストの比企理恵に対し、トシ「前回は、飲みまくりの酒びたりで」、温水「編集で、カットされてましたけど」、タカ「ちょっとしか、飲んでないみたいな感じに」と、編集のお陰で放送を免れた、彼女の酒好きが暴露されます。




f:id:kitafumi:20180603092313j:plain

 今回の旅は「温水プレゼンツ」ということで、お馴染みの、横浜中華街へ入るのも、ひと捻りされた感じに、感心したトシが、「抜け目がないですね」と言ったのを、温水が「(髪の毛)抜けてない!」と聞き間違えるという、捻り要らずの、鉄板のやり取りが・・・。




f:id:kitafumi:20180603092331j:plain

 横浜大世界に、ファクトリー&カフェがある、チョコレートの専門店にて、比企は、この番組の大ファンだという、旦那から、「(初登場が)次に繋がって良かった」という話を、「レギュラー取って来い!」くらいの勢いで、言われたそうです。




f:id:kitafumi:20180603092347j:plain

 ここのチョコレート専門店のカフェで、一番人気の、球形のチョコに、熱いチョコのソースをかけると、中から、冷たいアイスクリームが出て来る、とても、お洒落なスイーツ・・・よく見ると、この番組のレギュラーの、あの人に、ソックリ?




f:id:kitafumi:20180603092358j:plain

 温水がお勧めの、横浜の元町にある、ろうそく屋さんで、一行は、手作りキャンドル体験をすることに・・・。


 タカ「(ドライフラワー・キャンドル)出来ました。これは奥さんに、プレゼントしようと思いまして、ウチの娘が好きな黄色、息子が好きな緑、奥さんが好きな白、そして、ボクが好きな青が入ってます」

 一同「おお!」

 タカ「今の全部、ウソ!」




f:id:kitafumi:20180603092409j:plain

 横浜の外国人墓地の付近にある、地元の素材を生かした、ナチュラル・フランス料理の店で、自家製の「しょうゆパン」に、バターとワサビを塗り、「美味しい!」と絶賛するタカの格好・・・おそらく、誰が見ても、フランス料理を食べに来る時の格好じゃない、と思われます。




f:id:kitafumi:20180603092441j:plain

 バスの到着までに、約30分の時間があったため、バス停付近の商店街へ、お惣菜&お弁当の店で、この番組にありがちな、まだ、食べたばかりなのに、また、食べるパターンです。


 それにしても、よりにもよって、この状況で、おにぎりとコロッケの追加・・・。




f:id:kitafumi:20180603092452j:plain

 いつの間にやら、バスの到着まで、時間がなくなり、走り出した一行でしたが、途中で、トシ&温水、タカ&比企に別れ、違うコースで、バス停まで向かうことに・・・。




f:id:kitafumi:20180603092504j:plain

 トシ「何してんだよ、何でオレたちについて来ないんだよ!」

 温水「(距離を気にするよりも)そっちは、横断歩道(信号)が多いでしょ?」

 タカ「比企さんの靴が、走りにくそうだったから」

 温水「もっと、協調性を持って!そうじゃないと、番組が崩壊しちゃうよ!」

 トシ「番組って、チームワークだからね。10年目で崩壊ってことだよ、この番組も!」


 ・・・以上、「もしも、とても些細なことで、番組が崩壊するとしたら?」コントでした。




f:id:kitafumi:20180603092515j:plain

 また、走り出す機会がないとは言えないので、比企が、今後の出演も考えた、番組用・・・ではなく、自身の普段履きとして、走りやすそうな靴を、番組の予算で、購入しているところです。




f:id:kitafumi:20180603092531j:plain

 ゲストの比企のための、お土産購入タイムにて・・・。


 温水「そらまめ、350円、どうですか?」

 比企「大丈夫です」

 温水「中華くらげは?」

 比企「大丈夫です」

 温水「ニシンの甘露煮は?」

 比企「大丈夫です」

 トシ「センスが合わない!」




f:id:kitafumi:20180603092547j:plain

 また、バス停まで、走ることになり、タカが「比企さん(靴を履き替えたから)、メッチャ、足が速くなってる!」と連呼することで、みんなが気を使い、彼女を先頭で走らせる、笑いのチームプレーをしているところです。




f:id:kitafumi:20180603092600j:plain

 今回の旅の主要な目的のひとつ、あの与謝野晶子が、歌会を開いたこともある、旅館&カフェ・レストランにて、ここで大人気の牛鍋を食べる前に、比企が、2種類のワインを、真剣に飲み比べしてはみたものの、どういう訳か、選ばれたお酒は「ハイボール」でした。



 サントリー「トリス・ハイボール(350ml×24缶)」を、ロハコで!




f:id:kitafumi:20180603092610j:plain

 この店の牛鍋を食べて、ご飯が進まない訳がない、ということで、温水の得意技「ご飯、高速、一気食い(のフリ)」からの、トシ「全然、食ってねえじゃねえか!」が、いつものように、バッチリと決まったところで・・・この記事も終了です。



 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合い頂き、本当に、有り難うございました。


 機会があれば、また、訪問してください。